面接で伝えること

アルバイトでは、いきなり面接のときに、シフトの話をすることがあります。というより、アルバイトというのは、基本的に目標の額があって、それに合わせてシフトを希望するので、面接の時点で伝えておかないと遅いのです。また、採用する側も、どれくらい仕事に入れるのかを、あらかじめ知っておきたいはずです。忙しい時期なのに、採用してから、全然仕事に入れないことが分かったら、大変ですからね。

そのため、面接の前に、1週間のうち何曜日、1日のうち何時間働けるかを決めておきましょう。また、アルバイトでどれくらい稼ぎたいのかを考えることも大切です。目標の額があるのならば、それに合わせてシフトを組んでもらいましょう。ただし、雇う側もすべてアルバイトの希望通りにシフトを組むことはできないので、そのあたりは相談する形になると思います。基本的には、多く働いてくれる方を優遇すると思います。

また、交通費が支給されるかどうかも確かめておきましょう。交通費が支給される場合、自宅から職場の距離によって、交通費の支給額が変わってきます。自宅から職場の距離が遠い場合は、できるだけ交通費が支給されるアルバイトを選ぶほうがいいでしょう。基本的に、求人情報の段階でわかると思います。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 人気のSE 独立関連コンテンツです。
    こちらが使えるSE 独立についてのサイトです!

ページトップへ戻る
Copyright(C) はじめてのアルバイト All Rights Reserved.