無断で休むのは厳禁

雇い主にとって、特にアルバイトで嫌うことは、無断で休まれてしまうことです。つまり、遅刻やすっぽかしなどですね。学生の場合、自分の気分で学校を休むこともあるかもしれませんが、アルバイトはそうはいきません。もちろん、何か止むをえない事情があって、あらかじめ休みを取ったりしているのならば、大丈夫ですが、何も言わずに休むと、最悪のケースでは、仕事自体ができなくなる可能性もあります。

もっとも、アルバイトが1人来れなくなっただけでできなくなる仕事というのも問題ですが、重要性が高い仕事についていたりすると、そういった事態も起こりえます。スケジュールでは、あなたが出勤してくると予定されており、あなたが出勤してくることが前提で仕事が行われているのですからね。そういった前提がなければ、そもそもスケジュールを組むことができません。アルバイトといえど、シフトを守る責任感を持つべきです。

最悪、自分が遅刻したせいで、仕事ができず、損害が発生した場合は、損害賠償を求められることもあります。もっとも、アルバイトが遅刻・欠勤しただけで、そこまで大事になることはまずないとは思いますが、それほどの迷惑を与えかねないということを自覚しておく必要があります。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 税務や保険など自分で全ての対応をしなくてはならないので管理や対応が大変な場合に役に立つSEの独立をサポートしてくれる会社を探しているなら、案件紹介以外に対応が面倒な作業を代行してくれるサービスもあるのでオススメです。

  • 仕事をする上での不安や悩みを緩和させられるように、担当者が定期的に職場を訪問してくれてバックアップしてくれるCADに強い求人サイトなら、細やかなフォロー体制が確立されているので初めての方でも安心して依頼する事が出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) はじめてのアルバイト All Rights Reserved.