履歴書の書き方2

アルバイトの面接のために、初めて履歴書を書いたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、面接官の方によっては、履歴書の書き方ひとつで落選させることもあります。その中には、つまらない理由で落としている面接官の方もいらっしゃると思いますが、なにぶん、応募者の方と面接官の方は初対面ですから、些細なことが目立つ場合もあるでしょう。

学歴の書き方ですが、小学校から書くのが一般的です。ただし、あまりに長くなってしまう場合は、省いてしまっても大丈夫です。大学院や、社会人経験が長いと、全部書くのは大変ですからね。職歴は、アルバイトを含めて書いても構いません。ただし、すぐに辞めている場合は、あまり良い印象を持たれないことでしょう。場合によっては、なぜ辞めたのかを聞かれることもあります。もっとも、履歴書自体には、辞めた理由を細かく書く必要はありません。ただし、勤め先が無くなったなどの理由で辞めた場合は、印象を悪くさせないために、そのことを記入しておきましょう。

履歴書には、資格の欄もありますが、仕事の内容に関係ある資格でないと参考程度にしかならないと思います。そのため、できるだけ仕事の内容に関係ある資格を書きましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) はじめてのアルバイト All Rights Reserved.